小2の頃です

月に2回母に連れられ、地域の図書館に行っていました

幼稚園から工作が好きな自分は、毎回その本があるエリアにかけつけてました

 

とある日、付近の本棚に目を移すと折り紙の本があり、手にとって開くとまあなんときれいな写真(作品)がいっぱい

折り方を見ていくとどれも難しそうなものばかり

その中で唯一簡単そうな作品(立方体)があり、借りて作ってみることを決意

 

これが折り紙を始めたきっかけでした

未だにこの作品の折り方覚えています

 

 

幼い頃からの性格なのか、「かっこいい・かわいい」よりも「きれい」なものに心を惹かれていました

また、立方体や球体といった、数学的にきれいな図形の形をしたものにも惹かれていました

ビー玉やサイコロ、おはじき集めが好きだったのを覚えています

 

その為か、自然とユニット折り紙に惹かれていきました

 

もしあの時に折り紙の本に出会わなかったら・・・、今頃何をしていたでしょう